通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

NLL

辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:エンエルエル
外語:NLL: Northern Limit Line 英語
品詞:名詞
2010/02/26 作成

北方限界線。GHQが定めた、海上における南鮮北鮮の軍事境界線。

朝鮮戦争が休戦した後、戦争の再発を予防するために両者の支配地域を明確化する必要があった。

陸上においては、北緯38度線が南北の軍事境界線であり、南鮮政府および北鮮側の双方がこれに同意している。

一方、海上については議論が持たれず、このままでは海上での紛争から再び戦争になる恐れがあったため、国連とアメリカがNLLを設定した。

境界線

通称38度線は、半島西部で、南西方向(ソウル方向)に伸びている。

NLLは、ここから海上を西に伸びるように引かれ、そこから北に伸ばして北緯38度から再び西へと至るような線となっている。

しかし、この線を定める際に北鮮との話し合いが持たれなかったことから、北鮮はこの境界線に同意せず、別の海上軍事境界線を設定している。

南鮮も話し合いに参加しておらず公的に認める必要性は現実には無いが、南鮮軍はこれを国境線として国防の任についており、また盧武鉉(ロ・ブゲン)大統領がNLLを認めない趣旨の発言をした際に国内問題となったことから、南鮮においては暫定的であってもNLLが国境線との認識にあるとみられる。

北鮮の主張

北鮮は、半島西部、南西方向(ソウル方向)に伸びている境界線を、そのまま海上に伸ばした線を海上軍事境界線として設定している。このため、北鮮の海上軍事境界線とNLLとの中間海域が発生する。

北鮮側は軍、漁船などで頻繁にNLLを越境している。漁船であれば南鮮警察庁との騒動で済むが、さもなくば南鮮軍との戦闘となり、その際に戦死者も発生している。

北鮮側は南鮮にNLLの再設定を求めており、また2010(平成22)年2月18日、南鮮軍は北鮮がNLL付近を含む海域を船舶の通行を禁じる「海上射撃区域」に設定したと明らかにし、報道された。期間は2010(平成22)年2月20日から3日間とされる。

関連する用語
朝鮮
朝鮮戦争

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club