通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

朝鮮

辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:ちょうせん
外語:Korea 英語 , 조선 朝鮮語 , Kore/i/o エスペラント
品詞:国,その他地名
2005/01/21 作成
2012/03/20 更新

ユーラシア大陸東端の半島(東支那半島)の総称。および、ここにかつて存在したや、現在存在する国と地域。

歴史的分類

  • 史前〜1910(明治43)年 ‐ 古代
  • 1910(明治43)年〜1945(昭和20)年 ‐ 近代
  • 1945(昭和20)年〜現在 ‐ 古代

沿革

  • 有史以前 ‐ 原始人が生息していた
  • 2世紀 ‐ 支那(漢)の軍の駐屯地となる
  • 4世紀 ‐ 日本(倭)の属国となる
  • 7世紀 ‐ 支那(唐)の属国となる
  • 13世紀 ‐ モンゴル(元)の属国になる
  • 14世紀 ‐ 支那(明)の属国となる
  • 17世紀 ‐ 明滅亡、清の属国となる
  • 20世紀前半 ‐ 日本に併合され、人並みの文明を得る
  • 20世紀後半 ‐ 北半分が旧ソ連の、南半分がアメリカの属国になる
  • 現在 ‐ 原始人が生息している

朝鮮は、有史以来長く支那の属国であった。

  1. 国号の「朝鮮」を命名してもらった。
  2. 国王が変わる度に、支那に任命してもらった。
  3. 元号は支那のものを使っていた。
  4. 貨幣(銅銭)は支那製
  5. 公用語は漢文

現在の南鮮国旗も、元は清の属国旗が由来で、またハングルも愚民にも漢文の発音が分かるように作られた発音記号が由来である。

古朝鮮

南鮮の歴史教科書(ファンタジー小説)によると、朝鮮の最古の国家は、紀元前8世紀以前から紀元前4世紀頃に作られた古朝鮮とされている。

古朝鮮とは、檀君・箕子・衛氏の3国をいう。うち2つは神話の世界で、衛氏が記録上最古とされている。

紀元後(前期)

紀元前後に封建制度を形成、後に、高句麗、百済、新羅の3国に統合され7世紀まで続くが、この時代を南鮮は三韓時代と呼んでいる。

7世紀後期には後期新羅と渤海が成立し10世紀初めまで続いた。

その後東支那半島を統一する国家、高麗(こうらい)が成立し約500年間続いた。英語で朝鮮をKorea(カリーア)というのは、この高麗国に由来する。

紀元後(中期)

13世紀〜14世紀には元(モンゴル)の属国となる。

14世紀末頃に支那の明王朝が本土を奪還しモンゴルは北へと戻り、再び支那の属国になる。

1392(明徳3)年、現在では李氏朝鮮とも呼ばれる国家が誕生し、約500年間統治された。

近代

時は明治期、李氏朝鮮は全く人権の意識が存在しない、支配層両斑のやりたい放題の国だった。

李朝末期には農民の乱が起こるが、ここに進軍した支那の清朝と日本が争い、そして朝鮮の独立を認めさせる日清戦争、その後日本がロシア帝国からが朝鮮を守った日露戦争が起こる。

1895(明治28)年、日清戦争で大日本帝国は清を倒し、下関条約で李氏朝鮮を独立させた。この記念が独立門で、今も残る。

併合期

崩壊寸前の李氏朝鮮(大韓帝国)は、懇願によって大日本帝国に併合された。これを今では朝鮮併合や日韓併合(この韓は大韓帝国の韓)などと呼んでいる。

日本が併合を受け入れたのは支那やロシアに半島を取られると国防上迷惑で、日本が困るからである。

こうして日本は遵法意識も、衛生観念も存在しなかった原始人ばかりの朝鮮に、近代憲法を持ち込み、支配層両斑と違って彼ら全員を人間として扱い、日本人と同じ権利を認め、更に教育まで行なった。

朝鮮戦争

日本が大東亜戦争で敗戦した後、半島は北をソ連、南をアメリカに占領され南北が分裂した。

日本の約35年間の統治で人口が倍に増え、大東亜戦争の時には火の粉が及ばぬよう大切に保護された東支那半島であったが、日本の手を離れた途端、朝鮮人同士での虐殺事件が相次いだ。

  • 1948(昭和23)年
    • 済州島四・三事件 南鮮軍の虐殺で約6万人死亡

      これが原因で、大量の朝鮮人が日本に密航した

  • 1950(昭和25)年〜
    • 朝鮮戦争 約200万人死亡

      これが原因で、大量の朝鮮人が日本に密航した

    • 保導連盟事件 20万人以上死亡
    • 国民防衛軍事件 10万人死亡
    • 居昌事件(居昌良民虐殺事件) 719人死亡
  • 1980(昭和55)年
    • 光州事件 200人死亡

日本の統治

日本の統治期、日本は朝鮮に文明を与えた。

日本が大東亜戦争に敗れた後、日本は朝鮮を手放し、朝鮮は再び独立する。日本が統治期に作った近代文明は今も残されているが、しかし日本の援助がなくなったことから退化が進み、現在では再び原始人に逆戻りしている。

併合期や戦時中、日本本土に出稼ぎに来た朝鮮人はいたが、戦後に皆帰国した。自由意思で日本に残った朝鮮人は245人(朝日新聞報道)。

しかし今現在、日本国内に潜伏している在日朝鮮人は、今や約80万人にも増えてしまった。つまり今の在日朝鮮人の99%は、韓国軍事政権と北朝鮮による虐殺から逃げてきた密入国者の子孫である。

新政府樹立

半島は南北に分断し、各々に政府が誕生した。

現在、東支那半島には北緯38度付近を境に、二つの国や地域がある。

いずれの政府も恐れたことは、国民に「日本統治時代の方が良かった」と思われてしまうことである。

終戦後すぐはもちろん、併合時代を生き日本人だった朝鮮人も多数いたので、そういった「親日派」が、新政府を否定する可能性が高かった。それでは面子が潰れるのみならず、反政府勢力が拡大すると国家転覆も有り得る。

本来、政府ならば、不断の努力により物事の改善を図り、もって国力増強、国民の信頼増強、といったことをするものである。が、残念ながらそこは、怠け癖だけは世界でも一級品の「朝鮮人」だったので、もっと簡単な方法を思いついてしまった。

それが、「日本は朝鮮を破壊した悪逆非道の悪魔」という嘘、捏造の歴史観を国民に植え付けることであり、日本を貶めて国民を洗脳するという方法で国家転覆を防いだのである。

原始人

朝鮮には文明がなく、ここには未開の原始人が住んでいた。なぜなら朝鮮は、不幸にも支那の属国であり、支那から略奪されるだけの存在に過ぎなかったからである。

支那は奪うだけで、鮮人に対しては文明に相当するものは殆ど与えなかったようである。

この当時の朝鮮人は、木造の荒ら屋に住み、高黍(別名モロコシ)という雑穀を主食として食べ、風呂に入る習慣もなかった土人のような生活をしていた。

当時の朝鮮は世界でも屈指の貧乏国だっただけでなく、技術も資源も何も無い国であり、あるのは借金だけだった。何も無いのに成長などできようはずもなく、そもそも国の維持自体不可能だった。このため日本への併合を望んだ。

併合開始

日本もこれには困り果てるが、清朝やロシアからの国防のため、やむを得ず保護国化を経、その後朝鮮を併合することになった。

日本統治以降、日本の技術と金が湯水のように投じられ、街は見た目だけは近代化した。更に、日本統治下で教育が与えられて以降、鮮人も見た目だけは人並みの文化程度を持つに至った。

数多くの学校を建設し、また朝鮮で埋もれていたハングルを発掘し、これを朝鮮人に教育した。

結果、わずか数十年で、高層ビルが建ち並ぶ街に住み、主食とし、清潔な環境で暮らす国際的に見ても豊かな国の一つとなった。

まさに奇跡であるが、それも全て、日本の努力によるものである。

併合の終了

日本は大東亜戦争に敗戦し、朝鮮を分離したことで朝鮮の併合が終わった。

日本人による血のにじむような尽力で繁栄した朝鮮半島は、すぐさま貧乏で騒乱の続く廃墟した国へと逆戻りした。

大東亜戦争(第二次世界大戦)では戦火が及ばぬようにした日本人の苦労の甲斐も無く、独立後すぐ、済州島四・三事件での虐殺事件や、同族での殺し合いである「朝鮮戦争」が勃発し、半島内は困窮を極めることとなった。

原状回復

日本の統治を離れて以降、せっかく向上した文化程度は維持されることなく、劣化が続いた。

世界でも稀なる見栄っぱり民族であるので、今でも見た目だけは近代的に保っているが、中身は全く伴っていない。日本から様々な高度文明が与えられたが、彼らはそれを維持するだけの知能を持つには至らず、昔の原始人並へ逆行を続けるという原状回復をしている。

測量

例えば地図を作るのに欠かせない「測量」がある。

日本では、小学生でも(あるいは幼稚園児ですら)知っている(具体的な理論等はともかく)が、鮮人は21世紀のこの時代になっても理解出来ない人が多い。

近年でこそGPS衛星を援用した測量が可能になったが、GPSだけでは誤差が生じるため、光学測量のための基準点は欠かせない。

このため近年まで、日本統治時代に日本が測量して作った地図が使われていた。

測量その後

日本が、測量や土壌補強用として打ち込んだ鉄杭を「日帝が民族の精気抹殺のために打ち込んだ呪いの杭」だとして抜き取っているとエンコリ(ENJOY Korea)で報道された。

2010(平成22)年1月1日には、告由祭(重要な出来事の際にそれを神に伝える行事)が催されたと2ちゃんねるで報じられたことから再び話題沸騰、あまりにも未開人すぎる朝鮮人の行動から、日本人を恐々とさせたのである。

報道等によれば、鉄杭は全て直径3cmで六角形をしており、鉄杭の中には直径1.3cm程度の穴が空いているとされたが、そこまで分かっていても測量のための杭と理解できず、既に4〜5割程度は抜いてしまっているそうである。測量用や土壌補強用の杭を。全部抜き取られてしまう日も、そう遠くはないのだろう。測量用や土壌補強用の杭を。

現在でも「朝鮮」という語は民族意識を強調するような場面で普通に使われている。

新聞などでも、南鮮には朝鮮日報という全国紙があり、また北鮮は国号として「朝鮮民主主義人民共和国」と自称している。

たとえるなら、日本でいう「ヤマト」(大和)という語が、朝鮮でいうところの朝鮮という語に相当するのだろう。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club