通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

百済

辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:クダラ
外語:Kudara 英語
品詞:国
2011/05/11 作成
2012/01/07 更新

かつて朝鮮半島の三国時代に存在した古代国家の一つ。東支那半島(朝鮮半島)南西部、現在の韓国の西半分にあたる位置にあった。但し、現在の韓国は百済の流れを継承していない。

支那南部の文化を早くから取り入れ、東支那半島古代国家の中でも特に高い文化を持つ国家だったと言われている。

当時の半島の、北半分は高句麗、南東は新羅であった。また南中央部には任那があった。百済・新羅・高句麗の三国は互いを牽制しあい、かつ隨を驚異と感じて、やがて大和朝廷に朝貢を始めるようになる。つまり、百済は日本の属国だった。

後に、新羅が半島全域に勢力を広げたため、旧高句麗人は支那東北部に移り支那人と同化、また旧百済人は日本に移り日本人と同化した。

百済の人々は、地理的には東支那半島に住んではいたが、現在の朝鮮人とは民族的に無関係である。

文化

百済の人々は優秀で、高い文化を持っていたとされる。

また日本との関わりも深く、漢字、儒教、仏教などは百済から日本に輸入されたとされている。

加えて、日本に「焼き物」をもたらしたのも百済だった。

百済人

百済に住んでいた人が「百済人」かというと、実はそうでもない。単一民族国家ではなかったためである。

支那の歴史書には、百済国の人間は漢人、扶与族、倭人で構成されていると記されている。その後は、高句麗や新羅の人間も見られるとある。

高句麗も扶与族で、新羅は濊貊(わいばく)。どちらも満州あたりを出身とするツングース系と考えられている。

終焉

東支那半島の古代国家だった新羅(シルラ)人が攻め込んできたため、百済は終焉を迎えることになった。

元々新羅の濊貊は半島の新参者で、大陸北方から半島南東へと流れ込んだ。それが唐に事大して半島を乗っ取り、倭人や扶与が開拓、文明化した百済を簒奪した。半島の歴史から見ると、新羅は新入りの蛮族だった。

このとき、多くの百済国の人間は虐殺された。一部は日本へと亡命したが、これは元々の漢人、扶与族、倭人であった。

こうして日本へ移り住んだ百済国の人間は、弥生人、すなわち現在の日本人の祖先となった。百済の王族や文化は殆ど全てが日本に吸収合併されたことから、百済は日本そのものである、ということができる。

皇族とのゆかり

百済王族の家系も、日本の皇族と縁組した。794(延暦13)年、平安京を都とするという御詔勅を発した桓武天皇の母方が、この百済王族である。しかし、日本に来てから皇室に入るまでは10世もの長い年月があった。

桓武天皇の母・高野新笠は10代前に渡来し6代前に日本に帰化した百済系10世で、第25代百済王 武寧王の血筋である。一般には扶与族とされているが、朝鮮の古文書には「武寧王の父の東城王は日本(倭)からやって来た」なる記載があるとされている。

百済は660(斉明天皇6)年に滅亡し、男系9世目の娘が皇室に嫁ぎ、その子である桓武天皇が781(天応元)年に即位するまでには実に121年もの歳月が流れていた。百済国の人間は、このようにして日本に溶け込んでいったのである。

民族

扶与系は、僅かに残る基本語彙(50程度)から朝鮮人とは全く別人種であることが言語学的に証明されている。

なお、この時点では現在朝鮮語と呼ばれる言語はまだ成立していない。さらに言えば、朝鮮人と言うのは12世紀頃に作られた「檀君神話」でまとまった、誕生の遅い民族であり、当時の百済国の人々はむろん、檀君など知る由は無い。

つまり、「半島に存在したが、現在の朝鮮人とは別の消滅した人種」が百済の人間であり、皇族含め日本人は、彼らと深い「ゆかり」が存在する。

結果として、百済人は日本人と同族である。百済人⊂弥生人⊂日本民族ということができる。一方、現在の朝鮮人は新羅人とモンゴル人の混血の子孫である。

その後

今の朝鮮は、百済を滅ぼした新羅の子孫が住む国である。

新羅以降の鮮人は、常に支那に自大し、国を潰してきた。百済を潰したのは支那の手先になった新羅であり、また朝鮮人が文化を誇る高麗を潰したのも支那のお先棒を担いだ李朝(李氏朝鮮)であった。つまり、百済を潰して成り立ったのが現在の朝鮮なのである。

日本には百済神社(百済王神社)や百済寺など百済の名が付く宗教施設があるが、これらは新羅とその子孫、つまり今の朝鮮人を呪い滅ぼすために百済人が作った宗教施設なのである。

関連する用語
朝鮮

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club