通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

兵 (階級)

辞書:軍事用語の基礎知識 軍人システム編 (AUNIFSYS)
読み:へい
外語:private 英語
品詞:名詞
2002/05/06 作成
2011/07/23 更新

軍隊階級を大まかに分類した際に、より上位の士官准士官下士官の下に位置する階級、及びその者のこと。

目次

兵の英語表記は "private" である。これはリーダー的意味を持つ、伍長(corporal)や軍曹(sergeant)に対して、『配下を持つことが無い、「一人」である』というところから来ている。

「プライベート・ライアン」という映画があったが、この「プライベート」とはその内容から「私の」という意味だと思っている人が大半であろうが(これは母親からみて「私の」なのだろうが、それならばセカンドネームの「ライアン」ではなく、ファーストネームの「ジェームズ」であろう。田中さんのお母さんが「私の田中!」と言っているようなものである)、「兵」という意味である。

日本陸軍では兵長・上等兵・一等兵・二等兵、日本海軍では兵長、上等兵、一等兵、二等兵、があった。

但し、日本陸軍の兵長は1940(昭和15)年以降、上等兵は1886(明治19)年以降で、また1932(昭和7)年以前は一等兵と二等兵は一等卒・二等卒、と呼ばれていた。また、日本海軍も、1942(昭和17)年までは一等兵、二等兵、三等兵、四等兵と呼ばれていた。

自衛隊では士長・一士・二士がある。かつては三士もあったが、自衛隊学生が高等工科学校生徒に代わったことで2010(平成22)年10月をもって廃止された。

用語の所属
軍隊
階級
関連する用語
士官
下士官

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club