通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

リョナ

辞書:萌色用語の基礎知識 萌え趣向編 (OZMOET)
読み:リョナ
品詞:名詞
2016/03/05 作成

猟奇的なものを性欲対象、性的嗜好とする性的倒錯のこと。猟奇性愛。

目次

主として2次元の女性に対し、肉体的または精神的なダメージを与えている状態、およびそれに興奮する性癖を意味する。

例えば、まんがアニメゲームなどで女性がやられるシーンにおける女性の悲鳴、苦痛の表情などに性的に興奮する。

ダメージの与え方も、腹パン(腹にパンチ)、拷問、流血などの現実的な暴行から、モンスターに食われる、四肢切断、内臓露出などまで、ファンタジーやグロテスクの度合いは様々である。その2次元の女性は設定上死亡したりもするが、リョナは死姦を含む死体性愛(ネクロフィリア)とは区別されている。

特殊性癖、変態性欲の中でも筆頭的存在として、趣味を持たない者から恐れられている。

2ch.netのゲームサロン板「【きゃあっ】萌える悲鳴のゲーム【あんっ】」スレにて誕生した。

652 :ゲーム好き名無しさん:03/08/20 23:40 ID:???

バイオやRPGなどで喘ぎ声をあげながら死んでいく光景で

自慰する行為を猟奇オナニーと命名する

657 :ゲーム好き名無しさん:03/08/21 23:30 ID:???

猟奇オナニーを略してリョナニーと命名する。

その後すぐに「りょなる」という動詞型が派生し、やがてニーを略して単にリョナと呼ばれるようになった。

現在では商業誌でも使われたり、リョナケットなどの同人誌即売会もあるほどだが、由来は2ちゃんねる用語である。

用語の所属
性癖
特殊性癖

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club