通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Wii U

辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ハード編 (GHARD)
読み:ウィー・ユー
外語:Wii U 英語
品詞:商品名
2012/11/23 作成

任天堂が開発したゲーム専用機。2012(平成24)年後半に米・欧・豪・日で発売。開発コードネームは「Project Cafe」。

名前からも明らかなように、Wiiの後継機である。

Wiiは、斬新な本体形状と斬新なコントローラーを最大の特徴としたが、今回の「Wii U GamePad」は液晶ディスプレイを搭載した、またしても画期的なコントローラーの採用を特徴としている。

従来のWii用コントローラーも、そのまま利用できる。

Wii U

まず、Wiiという商品名は、英語で「私たち」を表わす「We」から付けられていた。

Wii Uは更に、英語で「あなた」を表わす「You」と同じ音の「U」を付け足した。

みんなが楽しめる、という意味が込められている。

例えば「New スーパーマリオブラザーズ U」にそのコンセプトが現われているが、このマリオは、一人でもみんなでも遊べるゲームとして作られている。

互換性

Wiiはニンテンドーゲームキューブとの互換性を有していたが、Wii Uはその機能が削られている。

Wii用のソフトとオプション製品は、殆ど全てが利用できる。

コントローラーは、Wii専用の「Wii U GamePad」のほか、従来のWii用コントローラーもそのまま利用できる。但し、Wiiが互換性のため対応したゲームキューブ用端子は存在しないため、ゲームキューブ用の製品は使用できない。

ソフトの媒体

専用ディスクで提供される。

CDと同じ、直径12cmの光ディスクで、容量は25Giバイト。これは片面1層のBlu-ray Discと同じ容量である。

また、従来のWii専用12cmディスク(1層/2層ディスク)も使用できる。

ゲームキューブとの互換性はないため、Wiiで使用できた「ニンテンドーゲームキューブ用8cmディスク」は使用できない。

プロセッサー

Wiiからは、ハードウェアの性能を宣伝するよりも、機械のコンセプトや実際のゲームの出来映えを前面に押すようになっている。それでも機械として性能が劣るというわけではなく、様々な技術が投入されている。

Wii Uでも、Wiiと同様にIBM PowerベースのCPUとAMD RadeonベースのGPUが使われているが、今回はこの両者をマルチチップモジュール(MCM)として一つにパッケージする技術が使われている。

CPUコアはIBM、GPUコアはAMD、そしてこれをMCMとして製造するのは日本のルネサスエレクトロニクスである。

なお、基板上に搭載されたパッケージには、特にチップ名らしきものは書かれていない。開発コードネームなどはあると思われるが、表向き特別な名前は付けられていないらしい。

  • 2012(平成24)年11月18日: 北米で発売
  • 2012(平成24)年11月30日: ヨーロッパとオーストラリアで発売
  • 2012(平成24)年12月8日: 日本で発売

突起物を含まない本体サイズは、縦46mm×横172mm×奥行き268.5mm、約1.55kgである。

CPUIBM Powerベース
GPUAMD Radeonベース
サウンドサラウンド対応
メモリーゲーム用1Giバイト、システム用1Giバイト
記憶領域フラッシュメモリー内蔵8Giバイト(ベーシック)または32Giバイト(プレミアム)
外付けUSBストレージ対応 (一般的なUSBメモリーに対応している)
入出力USB 2.0×4 (前面2、背面2)
SDメモリーカード×1 (2GiバイトまでのSDカードと、32GiバイトまでのSDHCに対応)
HDMI出力端子×1 (PCMリニア6ch出力可能)
AVマルチ出力端子×1 (アナログ音声出力可能)
センサーバー接続端子×1
通信機能Wi-FiIEEE 802.11b/g/n
その他ニンテンドー3DSとの無線通信対応
対応媒体Wii U用光ディスク
Wii専用12cmディスク(1層/2層ディスク)

Wiiと違い、Wii Uはゲームキューブ用の8cmディスクに対応していない。

関連するリンク
http://www.nintendo.co.jp/wiiu/
関連する用語
Wii

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club