通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エイトライナー

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・関東編 (RGEOT)
読み:エイトライナー
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

大田区羽田空港を起点に、世田谷区、杉並区、練馬区、板橋区を経て北区赤羽に至る約43キロの新交通システムの構想。

羽田空港から赤羽まで開通している都道 "環八通り" を導入空間としていることから "エイトライナー" と呼ばれている。

区間中、羽田空港〜糀谷間は京浜急行空港線、蒲田〜田園調布間は東急多摩川線が並行しているため、この区間はこれらの路線に乗り入れることも検討されている。

赤羽から先はメトロセブンが構想にあり、エイトライナーとメトロセブンを一体とすることで、羽田空港〜赤羽〜葛西臨海公園間約70キロの壮大な環状路線が出来上がることになる。

関連するリンク
http://www.kitanet.ne.jp/~arcn/eight/eight.html
関連する用語
メトロセブン
環八通り

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club