通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カルダン方式

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道技術編 (RTECH)
読み:カルダンほうしき
外語:Cardan driving device 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

電車、電気機関車の動力伝達方式の一。

主電動機を台車に固定し、主電動機と車軸との間の変位を吸収できる自在継ぎ手などの仕組みをはさんだもの。

台車内の狭いスペースに無理なく納めることができ、釣り掛け式の欠点であった騒音や振動の問題もほぼ解決された。最近の電車は例外なくこの方式を採用している。

主電動機の配置の方法によって、平行カルダン、中空軸平行カルダン、直角カルダンなどの種類があるが、直角カルダンは日本では一部の私鉄でしか用いられていない。

カルダンという名称の由来は、自在継ぎ手の発明者とされている。

関連する用語
機関車
相模鉄道
電車 (1)
釣り掛け式

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club