通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

釣り掛け式

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道技術編 (RTECH)
読み:つりかけしき
外語:nose suspention device 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

電車、電気機関車の動力伝達方式の一。"吊り掛け式" と書くこともある。

主電動機の一端を車軸に、他端を台車枠に載せたもの。主電動機が車軸に取り付いているので、歯車がずれる心配が無い。

構造が簡単だが、騒音や振動が大きく、レールからの衝撃を主電動機が直接受けるので、主電動機を堅牢に作る必要があるのが欠点である。

現在作られている電車にはまず使われていないが、一部の私鉄や地方線区などでは、まだ残っている路線がある。また機関車では最近の車両でも積極的に使われている。

関連する用語
機関車
電車 (1)
レール
カルダン方式

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club