通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

加速度

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:かそくど
外語:acceleration 英語
品詞:名詞
2005/12/12 更新

1秒間にどれだけ加速するかの数値。単位は (km/h/s) または (m/s^2)、まれに g(重力加速度)も使われる。

通常は0km/h(0km/hBeat)からの加速、すなわち起動加速度のことを指す。

昔の特急車両は1.0km/h/s程度だったが、これではあまりにも加速が悪すぎるということで、最近は2.0km/h/s程度に向上している。

通勤用車両は停車を繰り返すので、所要時間短縮のために高い加速度が要求され、3.0km/h/s前後の加速度を持つ車両がほとんどである。

現在日本で一番大きな加速度を持つ鉄道車両は、阪神電鉄ジェットカーの最大4.5km/h/sである。

コラム (加速度の単位の変換)
1(g)=9.8(m/s^2)=35.28(km/h/s)
1(m/s^2)=3.6(km/h/s)
関連する用語
通勤形
特急
阪神電気鉄道
減速度

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club