通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

整備新幹線

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道法規編 (RLAW)
読み:せいびしんかんせん
外語:projected Shinkansen 英語
品詞:名詞
1999/10/01 作成
2009/06/16 更新

1973(昭和48)年に制定された「全国新幹線鉄道整備法」に基づいて建設される新幹線のうち、次期建設候補となっている路線の総称。

1977(昭和52)年に国鉄の財政悪化を理由として工事が一旦凍結されていたが、JRが発足した年、1987(昭和62)年に凍結が解除された。

1989(平成元)年に工事費の負担割合が決定され、JRが50%、国が35%、地方自治体が15%となった。1992(平成4)年にいわゆる「3線5区間」がフル規格で着工され、一部区間では工事が終了し、他の区間も工事が進んでいる。

整備5線

1987(昭和62)年の凍結解除時に優先的に着工が決定されたのは次の路線で、これらは「整備5線」と呼ばれる。

  • 青森〜札幌
  • 盛岡〜青森
  • 高崎〜富山〜大阪
  • 福岡〜長崎
  • 福岡〜鹿児島

3線5区間

フル規格で着工された「3線5区間」は、次の通り。

このうち高崎〜長野は1997(平成9)年に完成し、長野新幹線の愛称で営業されている。

また、東北新幹線の盛岡〜青森のうち、盛岡〜八戸が2002(平成14)年に開業した。

九州新幹線の八代〜西鹿児島についても、2004(平成16)年に開業した。

問題点

国自体が莫大な借金を抱える現在、他の政策との絡みもあり、新たな新幹線の建設に疑問の声が多数あるのも事実である。

用語の所属
新幹線
関連する用語
JR
日本国有鉄道
フル規格

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club