通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

相対式ホーム

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:そうたいしきホーム
外語:seperate platform 英語
品詞:名詞
2000/01/01 作成
2008/06/18 更新

線路を挟んで設けられるホームのこと。一般的には、上下線が別々のホームになる。

島式ホームと比べて建設費が高くなるが、次のような利点がある。

  • 将来のホーム延長が楽
  • 列車が同時に到着しても混雑しない
  • 駅前後の線形がよくなり、速度制限を受けない

中央のホームと、線路を挟んだ右のホームが相対式
中央のホームと、線路を挟んだ右のホームが相対式

対向式ホームともいう。

関連する用語
ホーム
島式ホーム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club