通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

線路

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:せんろ
外語:railroad track 英語 , rel/par/o エスペラント , trak/o エスペラント
品詞:名詞
2001/03/31 作成
2014/12/17 更新

列車の走る道。軌条(レール)を複数本(通常は二本)等幅に並べてある。

線路とは、狭義には地面の上にある設備一式(道床まくらぎ、レール)をいい、これは軌道と呼ばれる。

より広義には、軌道を含め列車が運行できるよう整えられた整備一式をいい、道床を支える路盤、信号機などの閉塞用設備、電化されている場合は電車線(架線)などを含む。

使用度

線路によって、よく列車が走るもの、たまにしか使われないもの、既に使われていないもの、などがある。

その線路が使われているかどうかはレールの輝きを見れば一目瞭然であり、使われている線路はレールがピカピカであるが、使われなくなった線路は1ヶ月で錆びる。

形態

線路には様々な形態がある。

最も分かりやすい形態としては、レールの幅(軌間)と、線路の組数がある。

軌間

軌間とはレールの幅のことで、大まかには次の三種類に分けられる。

線路の組数

線路は、上下の列車に何組の線路を用いるか、によっても特徴付けられる。

関連する用語
軌道
レール
列車
線路閉鎖

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club