通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

A-A基準

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道法規編 (RLAW)
読み:エイエイきじゅん
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

地下線を走る列車モノレール新交通システムに求められた列車構造上の基準。1969(昭和44)年の営団(当時)日比谷線での車両火災事故をきっかけに、それまでの "A-A様式" を改める形で定められた。

列車はすべて難燃材料または不燃材料で作り、先頭車両に貫通扉を設けるなどが決まっていたが、1987(昭和62)年に普通鉄道構造規則が定められ、そちらに規定が吸収される形となり、廃止された。

現在新造されている車両は、すべてが当時のA-A基準を満たすように造られるのが当たり前となっている。

不燃材料、難燃材料などの基準は、財団法人日本鉄道車両機械協会が燃焼テストを実施し、その結果によって定められている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club