通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

D-ATC

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:ディー・エーティースィー
外語:digital Automatic Train Control 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

JR東日本の在来線で導入されているディジタルATCの名称。

ATCのディジタル信号をもとにして、あらかじめ作成してある停止パターンのうち、最適なものを車上で検索し適用する。信号が連続で受信できる点がATS-Pと大きく違う。

これにより、一段下降式ATCでは補助機能としていた、停車制御や過走保護などは、すべてATCの基本機能として取り入れることができ、コストダウンに繋がった。

また、車両性能に適した車上装置を搭載することによって、異なる性能の車両を同一路線に混在させることも容易である。

現在、京浜東北線で導入されており、山手線都営新宿線でも導入準備が進んでいる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club