通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

P線方式

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道法規編 (RLAW)
読み:ピーせんほうしき
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

大都市圏(東京、大阪、名古屋及びその周辺地域)の私鉄(第三セクター線を含む)が、輸送力の増強のため緊急を要する路線の建設又は大改良を行なう際の資金助成方式。

鉄道事業者の申し出に基づく国土交通大臣の指示により、財務省資金運用部の資金(つまり政府の資金)と、日本鉄道建設公団の資金(これも政府の資金)によって、日本鉄道建設公団が新線建設や改良を行ない、鉄道会社は25年間(ニュータウン線は15年間)でその元利を償還するというもの。

路線によっては特特法などを適用して、さらに建設資金を確保することもある。

しかし2001(平成13)年に、小泉内閣の行政改革の一環として、鉄道公団の新線建設自体が凍結の対象となってしまったため、今後この方式がどのようになっていくかは、全く不透明である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club