通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

μ10HIsp

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ミュー・テン・ハイスピード
外語:μ10HIsp 英語
品詞:固有名詞
2010/02/05 作成

JAXAの宇宙科学研究本部(ISAS)が開発中のイオンエンジン。「HIsp」が何の略かは定かではないが、Hish Speedの略であると見込まれる。

目次

μ10に対し、比推力向上型。大幅に高比推力化する予定。

はやぶさの2倍の推進剤を詰め込み、3倍の噴射速度のμ10HIspエンジンを使えば軌道変換能力は20km/s(17.3km/cBeat)を超える、これは打ち上げロケットに匹敵し、まさに宇宙船そのものだ、と2004(平成16)年3月のISASニュース No.276にて宇宙輸送工学研究系 國中均が語っている。

  • 種類: イオンエンジン
  • 推進剤: キセノン
  • 推力: 約30mN
  • 比推力: 約10,000秒@消費電力約2.5kW
  • 乾燥重量: 未定
用語の所属
10
関連する用語
μ10
μ20
ISAS
JAXA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club