通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

こうのとり7号機

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:こうのとり・ななごうき
外語:HTV7 英語
品詞:固有名詞
2015/01/25 作成
2018/09/27 更新

こうのとり(HTV)の7号機。JAXAの資料では『「こうのとり」7号機』と書かれている。

基本情報

沿革

  • 2018(平成30)年9月23日02:52:27(22日@786): 打ち上げ

今回の積荷の目玉

  • 小型回収カプセル

小型回収カプセル

こうのとり7号機には、初の小型回収カプセルが搭載される。

ISSから分離したこうのとり7号機は大気圏に再突入して燃え尽きるが、小型回収カプセルはパラシュートを開き南鳥島付近の太平洋に着水し、JAXAが回収する計画である。

このカプセルの直径は84cm、高さ約66cmで重さ約180kg。中には、パラシュートと浮袋、そして試料を収める容器(容積30リットル)が入っている。

容器はタイガー魔法瓶(大阪府門真市)の開発で、熱と衝撃に強い真空断熱容器となっており、きぼうで実験した蛋白質などを持ち帰る計画である。

これまでも、小惑星探査機「はやぶさ」での大気圏再突入成功があるが、今回は姿勢制御も可能な構造となっており、カプセルを傾けて揚力を発生させ「ふんわり優しく落ちてくる」としている。

発生する衝撃は有人宇宙船の帰還カプセル並とされており、将来の有人宇宙船につながる技術開発となる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club