通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

はなの舞い

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:はなのまい
外語:Hananomai 日本語
品詞:商品名
2003/02/23 作成
2013/09/07 更新

の品種の一つ。

1974(昭和49)年に山形県立農業試験場で産み出された。

母本は母が北陸99号、父がコシヒカリ

1981(昭和56)年に庄内32号の系統名が付けられ、1987(昭和62)年に「はなの舞い」の名で登場した。

山形県がかつて力を入れていた早場米品種で、冷害に非常に強く、稲熱病(いもち病)にも比較的強い特徴があった。

平坦地向け良質品種育成を目指して作られた品種で、北陸99号の早生及び強稈性にコシヒカリの食味を導入した。そのため早場米としては食味がよく、東北地域の品種の食味水準を向上させる先駆的役割を果たした。

現在では殆ど(あるいは全く)栽培されていない。

はなの舞いを親にした米は非常に多く、孫、曽孫以降まで含めれば品種は数知れない。

代表的なはなの舞いの近縁米に、次のようなものがある(50音順)。なお、近縁率は子が50%、孫が25%という単純計算による。

  • 華光(ひたち7号) (近縁率25%、チヨニシキ//はなの舞い/コシヒカリ)
  • かけはし(岩手34号) (近縁率50%、コチミノリ/はなの舞い)
  • ゆめさんさ(岩手36号) (近縁率50%、初星/はなの舞い)
  • はしり味(新潟37号) (近縁率50%、新潟早生/はなの舞い)
  • なごりゆき(新潟46号) (近縁率50%、はなの舞い/新潟19号)
  • 越の華(富山27号) (近縁率50%、はなの舞い/と系196)
  • おわら美人(富山32号) (近縁率50%、はなの舞い/と系196)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club