通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エスキモー星雲

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:エスキモーせいうん
外語:Eskimo Nebula 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

ふたご座に見られる惑星状星雲。タイプⅢb+Ⅳ。

別名NGC 2392。

位置は2000年分点で赤経07h 29m 12.0s、赤緯+20°55′00″。8.3等級。距離は1360光年。実サイズ0.31×0.28光年、実視寸法47×43″。

小さな星雲で、ある程度の口径の望遠鏡とある程度の倍率がないと観測が難しい。観測しようと思えば、少なくとも口径10cm以上で100倍以上が必要である。

この星雲の名前の語源は、形状が防寒服を着たエスキモー(イヌイット)の顔に見える、ということから命名された。

関連する用語
惑星状星雲
ふたご座

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club