通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カイパーベルト

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:カイパーベルト
外語:Kuiper Belt 英語
品詞:名詞
2001/05/24 作成
2007/07/13 更新

海王星軌道よりも更に外側に広がり、円に近い軌道で太陽の周りを公転する、彗星の核と同等と推定される氷の小天体(微惑星)が存在する領域のこと。

目次

範囲は、概ね60au〜1000au程度まで広がっているとされる。

1951(昭和26)年に、アメリカの天文学者Kuiper(カイパー)とEdgeworth(エッジワース)が存在予言した。発見者の名からエッジワース・カイパーベルト(Edgeworth Kuiper Belt)と呼ばれ、略してカイパーベルトという。

この領域にある天体は、かつてカイパーベルト天体と呼ばれた。研究が進み、太陽系の天体名称の再定義に伴い、こういった天体は総じて太陽系外縁天体と称されるようになった。

1992(平成4)年にハワイ大学のD・ジューイット、カリフォルニア大学バークレイ校のJ・ルーらによって初のカイパーベルト天体である1992 QB1が発見されて以来、続々と発見が続いた。

こうして、カイパーベルトの発見によりそれまで冥王星が太陽系の果てであるとする概念は覆されたのである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club