通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カセグレン式望遠鏡

辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:カセグレンしきぼうえんきょう
外語:Cassegrain telescope 英語 , Classical Cassegrain telescope 英語
品詞:名詞
2006/08/26 更新

反射望遠鏡の一つ。

目次

鏡筒の底部に主鏡の凹面鏡を配し、鏡筒の入口付近に付けられた凸面鏡で再び底部方向へ反射し、主鏡の中央に空けられた穴に光を通し、鏡筒の底に配置された接眼レンズへと光を導く。

ニュートン式と比較して鏡筒が短く済むという利点がある。その一方で、主鏡・副鏡の精度はニュートン式よりも高いものが要求される、鏡の中心に穴を開けなければならない等、製造上の困難も多い。

基本的な設計としては、主鏡を放物面鏡、副鏡を双曲面鏡で構成する。亜種として、主鏡や副鏡の形を変えたり、補正レンズを組み込んだりしたものもあり、○○カセグレンと名乗ることが多い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club