通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ニュートン式望遠鏡

辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:ニュートンしきぼうえんきょう
外語:Newtonian telescope 英語
品詞:名詞
2006/08/26 更新

1668(寛文8)年にイギリスの物理学者アイザック・ニュートンによって発明された反射望遠鏡

目次

ニュートン式反射望遠鏡
ニュートン式反射望遠鏡

鏡筒の底部に主鏡の凹面鏡(放物面鏡)を配し、それを副鏡として設置された斜鏡(斜めにおかれた平面鏡)により光路を90°曲げ、筒の側面に配置された接眼レンズへと光を導く。

色収差がなく、大口径のものを比較的安価に作る事ができるため、現在でも反射望遠鏡の主流である。

主鏡に凹面鏡を用いることから、中心部の像はシャープで収差がないものの、周辺部ではコマ収差が発生し、像が悪くなるという欠点がある。また、斜鏡や斜鏡を支える金具(スパイダー)などによる回折が避けられないという構造上の制限がある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club