通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ガリレオ式望遠鏡

辞書:科学用語の基礎知識 天文学・機材編 (UASTE)
読み:ガリレオしきぼうえんきょう
外語:Galilean telescope 英語
品詞:名詞
2006/08/26 更新

対物レンズに凸レンズ、接眼レンズに凹レンズを用いた屈折望遠鏡

目次

イタリアの物理学者ガリレオ・ガリレイが、1610(慶長15)年から観測に使ったことで有名。

発明はそれ以前のオランダと考えられているが、詳しい時期は定かではない。

同じ屈折望遠鏡のケプラー式望遠鏡とは違い、正立像(逆さになっていない像)が見える。一方で、ケプラー式と比べ視野が狭くなる傾向がある。天文学者は正立像よりも視野に重きを置いたため、天文用には次第に用いられなくなった。

現在では望遠鏡として作られることは少ないが、プリズムなどを使わずに簡単に正立像が得られることから、オペラグラスの多くはガリレオ式望遠鏡を2つ並べた形になっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club