通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クリスチャン・ホイヘンス

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:クリスチャン・ホイヘンス
外語:Christiaan Huygens オランダ語
品詞:人名
2006/05/13 作成

オランダの物理学者、天文学者

生没1629年4月14日(寛永6年閏2月21日)〜1695年7月8日(元禄8年5月27日)。オランダのハーグに産まれ、ハーグに没した。

光の波動説、ホイヘンスの原理の発表(1678(延宝6)年)が有名である。

土星の衛星ティタンの発見などの天文学者としての功績も大きい。

この功績を称えられ、欧米共同の土星探査機ホイヘンスに、その名が使われている。

ちなみに、オランダ語の発音は非常に難しいが、Christiaan Huygensは正確にはクリスチャン・ハュゲンスに近い音に発音される。

そのため日本語ではホイヘンスではなく、より原音に近いハイゲンスと記述する向きもある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club