通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クロロキン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:クロロキン
外語:chlorochin 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

ドイツでマラリアの薬として開発された。日本では肝臓薬として売られたが、この薬の副作用で多くの患者が失明した。これはクロロキン網膜症と呼ばれている。

当時の厚生省製薬課長もクロロキンを服用していたらしいが、網膜症の情報を得てからは服用を中止したそうである。しかし、国民には情報を流さず、製造中止後も回収を行なわなかったため、薬害が広がってしまった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club