通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

コンプトン

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:コンプトン
外語:CGRO: Compton Gamma Ray Observatory 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

NASAのγ線天文衛星。1991(平成3)年4月にスペースシャトル・アトランティス号により打ち上げられた。

NASAのグレートオブザーバトリー計画における望遠鏡衛星の第二機目で、γ線領域を担当する。

設計寿命は2年だったが長く使われ、2000(平成12)年6月4日大気圏に投入され消滅した。

コンプトンは400個以上ものγ線源、2600回以上のγ線バーストの検出など、γ線天文学に大いなる貢献をもたらした。しかし2000(平成12)年5月26日に太陽を観測したのを最後に、その任務を終えたのである。

衛星の名前はアメリカのノーベル物理学者Arthur Holly Compton(コンプトン)にちなんで名づけられた。

関連するリンク
CGRO Science Support Center
用語の所属
宇宙望遠鏡
GOODS
関連する用語
γ線
γ線バースト

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club