通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ササニシキ

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:ササニシキ
外語:Sasanishiki 和製英語
品詞:商品名
2003/02/23 作成
2007/08/01 更新

の品種の一つ。

宮城県古川農業試験場で産み出され、1963(昭和38)年にササニシキの名で登場した。

母本は母がハツニシキ(奥羽224号)、父がササシグレ(東北54号)である。

農林番号は農林150号、旧系統名は東北78号。

名称

ササニシキの名は、父のササシグレより「ササ」、母のハツニシキより「ニシキ」をそれぞれ貰い、ササニシキとした。

栽培地

かつては東北地方の代表種であった。

食味が良く、収量は多かったが、寒さに弱く、稈が弱く倒伏しやすい上、稲熱病(いもち病)などにも弱いという、豊富な弱点があり栽培が難しかった。

1993(平成5)年に発生した冷害で生産量は更に激減、現在では熟期が同じ「ひとめぼれ」にほぼ交代し、ササニシキは稀少価値の高い米となってしまった。しかし、今でも根強いファンが付いている。

柔らかで、あっさりした味が特徴。あっさり味は毎日食べていても飽きが来ず、また米自身が自己主張しないために、おかずの味を引き立てる効果がある。

そして、淡白な舌ざわりであるが、その中にも独特の甘味を持っている。

このため、新潟県の「コシヒカリ」と並ぶ良食味品種として、かつてはよく食べられていた。

ササニシキを親にした米は非常に多く、孫、曽孫以降まで含めれば品種は数知れない。

代表的なササニシキの近縁米に、次のようなものがある(50音順)。なお、近縁率は子が50%、孫が25%という単純計算による。

  • アキホマレ(越南121号) (近縁率50%、ササニシキ/中部1号)
  • ゆめあこがれ(越南149号) (近縁率50%、黄金晴/ササニシキ)
  • ササミノリ(奥羽267号) (近縁率50%、ササニシキ/奥羽239号)
  • キヨニシキ(奥羽268号) (近縁率50%、ササニシキ/奥羽239号)
  • トヨニシキ(奥羽269号) (近縁率50%、ササニシキ/奥羽239号)
  • あさあけ(庄内20号) (近縁率50%、ササニシキ/北陸84号)
  • サトホナミ(東北126号) (近縁率50%、トヨニシキ/ササニシキ)

このほかにも、様々な交配により、各種のBL米が作られている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club