通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

シアナマイド

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:シアナマイド
外語:Cyanamide 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

酒量抑制剤。習慣性中毒用剤の一。アルコール依存症を治療するための薬品。成分はシアナミド。メーカーは吉富薬品。

シアナマイドを摂取すると肝臓に働き、エタノール代謝を抑制する。このためシアナマイド服用中に飲酒すると血液中にアセトアルデヒドが蓄積、急性アルコール中毒症状(顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、目眩い、呼吸困難など)を引き起こす。

これは酒に弱い人が飲酒したときと同じ反応であり、一時的に酒に弱い体質に変える薬といえる。つまり、シアナマイドは飲酒欲求そのものを抑制するわけではなく、嫌な体験をすることで飲酒を抑制させようとするものである。

服用後に飲酒すれば、場合によっては命に関わることもある。使用するに際し、医師は服用中に飲酒した場合の反応等を患者や家族に良く説明しておかねばならない。

関連するリンク
シアナマイド 添付文書
有効成分
シアナミド

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club