通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

スーパーアース

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:スーパーアース
外語:super earth 英語
品詞:名詞
2010/01/27 作成
2014/06/29 更新

太陽系外にある惑星(系外惑星)のうち、質量地球の数倍程度であるものの俗称。「スーパー地球」とも。

地球のように主に岩石から成る惑星である。

そして、地球(アース)に似ているが、地球の数倍の質量を持っており大型であるものを、スーパーアースという。

観測

観測技術等の限界により、従来は小さな惑星は見つけることができず、木星程度の大きさで、ようやく存在の兆候を確認することが可能となっていた。

技術の発展に伴い、地球の数倍程度まで小さな惑星の観測に成功しており、このような惑星のうち岩石質で地球に似たものが俗にスーパーアースと呼ばれている。

最小のスーパーアース

2010(平成22)年1月現在、太陽系外惑星は400個以上が見つかっているが、地球に似た環境の惑星は一つも見つかっていない。

これまで観測に成功したスーパーアースとしては最小であるのは、太陽系から約20光年の距離にある赤色矮星グリーゼ581の惑星の一つ、グリーゼ581e(Gliese 581 e)で、質量は地球の約2倍である。

大気の分析

スーパーアースの大気分析に初成功したのが、へびつかい座方向、地球から約40光年離れている系外惑星「GJ 1214 b」である。

分析によると、水蒸気からなる厚い雲に覆われていることが判明した。

水蒸気は存在するが、高温で水が液体として存在できないため、生物の存在は期待できないと考えられている。

ハビタブルゾーン

恒星のハビタブルゾーン内に存在する惑星も幾つか発見されるようになってきた。

さそり座方向、地球から約22光年離れている三連星系グリーゼ667の恒星の一つグリーゼ667Cには最大7個の惑星があり、CbからCgと名が付いている。うちグリーゼ667Cに近い順に、グリーゼ667Cc、グリーゼ667Cf、グリーゼ667Ceの3惑星はハビタブルゾーン内にあり、水が液体で存在する可能性がある。それぞれの惑星の質量は、地球の4から8倍程度と見積もられている。

関連する用語
系外惑星
地球型惑星
メガアース

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club