通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ディスプレイスメント付きレジスター間接

辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:ディスプレイスメントつき・レジスターかんせつ
品詞:名詞
2003/05/05 作成
2012/04/17 更新

マイクロプロセッサーのアドレッシング方法の一つ。

目次

レジスター間接に加え、イミディエイトによるインデックス(ディスプレイスメント)が付いたもの。

このインデックスはプロセッサーの設計により、アクセスするデータ長(バイト、ワード、ロングワード等)に応じて逓倍される場合と、そのままの場合とがある。

SuperHを例にすると、32ビットレジスターR1の内容が0で、MOV.W @(2,R1),R0と書いた場合、R1レジスターの中身で示されるメモリーアドレス0に2×2(WORDの長さ)が加算されたアドレス4からワード長で内容を読み取り、レジスターR0に代入する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club