通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

バーナード・ループ

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:バーナードループ
外語:Barnard's loop 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

オリオン座に見られる散光星雲で、三つ星の東側を取り囲むように広がり淡い赤い光を放っている巨大なガス雲のこと。アメリカの天文学者Edward Emerson Barnard(エドワード・エマーソン・バーナード)が発見したことにちなみ、この名がある。

濃い北側と淡い南側に分けることができ、このうち濃い北側のカタログ名称はSh2-276。

位置は2000年分点で赤経05h 52.0m、赤緯+03°。距離は1,500光年。

今から200万年ほど前、三つ星の南にみえるM42の中で超新星爆発が起きた名残りと考えられている。

関連する用語
オリオン座
M42
Edward Emerson Barnard

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club