通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

超新星爆発

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:ちょうしんせいばくはつ
外語:supernova explosion 英語
品詞:さ変名詞
2014/06/06 作成
2014/06/10 更新

大質量の天体が進化の最後に起こす爆発現象で、明るさが太陽の数億倍から数百億倍にもなるもの。

この爆発によって、天体は一時的に大きく輝度を増す。

この輝度の上昇によって、地球から観測されたものを超新星という。

ニュートリノ加熱

でのシミュレーション計算により、超新星爆発はニュートリノ加熱によって起こる可能性が示されている。

ニュートリノで加熱された衝撃波で対流が起こり、加熱を促進することで衝撃波が成長、やがて超新星爆発を起こすとしている。

質量

超新星爆発を起こすためには、重力崩壊型であるⅡ型超新星であれば少なくとも太陽質量の4〜8倍以上が必要との説が有力である。

太陽のようにこれに質量が満たない場合は、超新星爆発はせず、静かに白色矮星となる。

爆発後

太陽質量の30〜40倍程度であれば、超新星爆発後は恒星型ブラックホールとなる。

質量がそれに満たない場合、超新星爆発後は中性子星となる。

関連する用語
超新星
超新星残骸
r過程
γ線バースト

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club