通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Ⅱ型超新星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:にがた・ちょうしんせい
品詞:名詞
2003/07/02 作成
2014/06/06 更新

Zwicky分類による超新星の種類の一つで、スペクトル線に水素の輝線があるもの。

太陽の4〜8倍以上の質量を持つ重い星が進化の最終段階になると、中心にの核が形成される。

やがて鉄の核の質量が増し、自らの重力に耐え切れなくなると鉄の核は潰れ重力崩壊を起こす。このとき同時に衝撃波が外向きに発生し、恒星の外周部分は吹き飛ばされる。これがⅡ型超新星である。

このためⅡ型超新星は重力崩壊型の超新星とも呼ばれている。

輝線

Ⅱ型超新星は、スペクトル中に細い輝線が見られるのが特徴である。

これは、爆発前に星の周囲に放たれた物質に、超新星爆発した恒星からの衝撃波がぶつかり、ゆっくりと膨張しながら発光していると考えられている。

超新星爆発

Ⅰa型超新星に比べ、爆発後にできる重い元素の中には鉄より軽めの中間元素が多い。

光度変化は個性があり、また渦巻銀河棒渦巻銀河の腕に出現することが多い。

なお、爆発後、中心の核は中性子星となる。

種類

光度変化

光度変化から、次の二つに細分される。

  • Ⅱ-L型超新星 (光度低下が線形=linearなもの)
  • Ⅱ-P型超新星 (光度低下が緩やか=plateauなもの)

スペクトル線

スペクトル線の特徴から、次の二つに細分される。

用語の所属
超新星
II
関連する用語
Ⅰ型超新星
渦巻銀河
中性子星
衝撃波

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club