通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

パイオニア5号

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:パイオニアごごう
外語:Pioneer 5 英語
品詞:固有名詞
2006/08/24 更新

アメリカのヘリオスフィア(太陽圏)探査機で、世界初の深宇宙探査機である。

1960(昭和35)年3月11日22:00:00(日本時間)(@583)にNASAによりに打ち上げられた。国際標識番号1960-001A。

惑星間空間の磁場現象、フレア粒子、およびイオンを測定した。

地球から3650万kmの距離より情報を地球へ送信した。この探査により、太陽フレアと惑星磁場の強さの関係を初めて実証した。

1960(昭和35)年4月30日まで正常に稼働。

その後は不安定となり、1960(昭和35)年6月26日に地球から2250万マイル(36000000.0km)の距離からデータを通信したのを最後に消息を絶ったとされる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club