通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

パワーコンディショナー

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:パワーコンディショナー
外語:power conditioner 英語
品詞:名詞
2011/06/13 作成

太陽光発電燃料電池などで発電された電気を、家庭等で利用できるように変換する機器。略して「パワコン」。

太陽光発電や燃料電池から得られる電力は「直流」だが、これを「交流」(例えばAC100V)に変換することで、通常の家電が利用できるようにする。

直流/交流の差、電圧の差などを埋める働きをする、変換器である。

パワーコンディショナーの出力は通常、「屋内分電盤」と呼ばれる分電盤に接続される。家庭内で電力消費がある場合は家庭内に供給され、電気が余っている場合は電力量計経由で外に送られ「売電」される。

重要注意点

パワーコンディショナーは、通常状態では電力会社の電気で動いている。従って、停電したときにはパワーコンディショナーは止まる。

原子力発電所が壊れ、大規模な電力不足に陥った際、計画停電が行なわれた時にこれが問題化している。

この場合に電気を使いたい時には、「自立運転モード」で使用する必要がある。自立運転時は、パワーコンディショナーの自立運転専用コンセントに機器を接続することで、太陽電池モジュールで発電された電気を使用できる。概ね1500W程度まで使えるが、これは全電力を太陽電池のみに頼るもので非常に不安定であり、あくまで非常用である。

電力ロス

DC/AC変換で、概ね10%程度の電力ロスになっている。

そこで近年では、直流のまま電気を使う、直流家電が増えつつある。

関連する用語
直流
電圧

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club