通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ビタミンD2

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:ビタミンディートゥー
外語:Vitamin D2 英語 , Ergocalciferol 英語
品詞:名詞
2001/03/03 作成
2019/08/25 更新

ビタミンDの一つ。エルゴカルシフェロール。脂溶性。

基本情報

  • 組成式: C28H44O
  • 分子量: 396.65
  • 密度: ‐
  • 融点: 115℃〜119℃
  • 沸点: 昇華する
  • CAS番号: 50-14-6
  • 化学名:
    • (5Z,7E,22E)-(3S)-9,10-secoergosta-5,7,10(19),22-tetraen-3-ol (IUPAC名)
    • (3β,5Z,7E,22E)-9,10-secoergosta-5,7,10(19),22-tetraen-3-ol (CAS名)

ビタミンD2
ビタミンD2

誘導体、関連物質の例

日光の紫外線を浴びることで皮膚内で合成される。

エルゴステロール(植物性プロビビタミンD2)が日光中の紫外線によってビタミンD2になる。

このため、ビタミンと名が付いているが定義上は実際にはビタミンではなく、実際は男性ホルモンや女性ホルモンに似た構造のステロイドホルモンである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club