通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ファンデルワールス力

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・用語編 (NELEMY)
読み:ファンデルワールスりょく
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

まず水素分子を考える。水素分子は水素原子が2個が一組となった分子であり、電子2個がお互いを回りあっている。ある時、2個の電子がどちらか片方の原子に寄ってしまった時、水素分子中に瞬間的な電子の偏りが起こり、一方の水素原子が僅かに+、他方が僅かに-に電気を帯びた状態が発生する。

瞬間的とはいえ、分子内に±が偏った状態発生し、実際には水素分子が多数存在する中のあちこちに出来る。その分子相互間には、瞬間的に僅かなクーロン力が働く。

こうして分子間に働く瞬間的なクーロン力が分子同士を結びつける力となり、それをファンデルワールス力という。

関連する用語
水素結合
分子間力

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club