通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フーリエ

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:フーリエ
外語:Fourier, Jean Baptiste Joseph 英語
品詞:名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

1768(明和5)年〜1830(天保元)年。フーリエ級数を生み出した数学者。

フランスのオーセルに仕立屋の息子として生まれる。8歳で孤児となり修道院に入れられた。しかし1789(寛政元)年にフランス革命が起こり、フーリエは自由の身となる。この年21歳のフーリエは科学アカデミーに方程式の解法に関する論文を提出。恐怖政治が始まるとフーリエは革命運動に身を投じていたが、1795(寛政7)年に理工科大学教授となる。

ナポレオンの要請で1798(寛政10)年エジプト遠征に文化関係の仕事の一員として従軍し、帰ってから "エジプト記" を書くが、これは考古学上の傑作と言われている。

その後もナポレオンの引き立ては続き、県知事に就任し、1808(文化5)年には男爵の地位に就く。この県知事時代の1907(明治40)年、熱伝導の数学的理論を展開し、その中で3角級数を活用したが、これが後にフーリエ級数と呼ばれるものである。また、彼のほかの業績として定積分記号を生み出したことがあげられる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club