通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フーリエ変換

辞書:科学用語の基礎知識 算数・数学編 (NMATH)
読み:フーリエへんかん
外語:Fourier transform 英語
品詞:さ変名詞
2008/09/18 作成
2008/09/22 更新

フーリエ級数に変換すること。この逆は「フーリエ逆変換」という。

フーリエ変換は、データの解析に用いる手法の代表例であり、ディジタル信号処理などに多用されている。

概念的には、時間領域から周波数領域へ移る変換を行なうものである。

波形

例えば、音声、電気信号、心電図の波形などを考えると、縦軸を振幅、横軸を時間として描写する。これが人間が直接触れられる世界観であり、人間には分かりやすい。

家庭用の電源をこの方法で描写すると、綺麗な正弦波として描き出される。

一般に、「波形」として描かれる図は、このように横軸を時間としている。

変換

しかし信号処理をしようとした場合、その中にどのような周波数がどの程度の振幅で含まれているか、を知る必要がある。

この場合、縦軸は振幅、横軸は周波数として描写する。

この変換をするのがフーリエ変換であり、これを実際に目に見える形で表示する代表例が音響装置のスペクトラムアナライザー(スペアナ)である。

用語の所属
FT
関連する用語
フーリエ級数
関数
フィルタリング
DCT
FFT

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club