通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

スペクトラムアナライザー

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:スペクトラムアナライザー
外語:spectrum analyzer 英語
品詞:名詞
1998/03/08 作成
2014/08/23 更新

測定器の一つ。正弦波以外の信号周波数が異なる複数の正弦波に分解できるという原理に基づき、信号の分解結果をグラフ表示するもの。略称「スペアナ」。

数kHz〜数GHzの測定範囲を持ったものが一般的で、主に無線通信機器の評価試験に使われる。

基本的なしくみは、ラジオの同調ダイアルを動かしながら電波の強さを測り、それをグラフ表示にすることと同じである。ただ、測定周波数範囲が広く、測定器として必要な各種機能が備えられているという違いがある。

他に入力信号をそのままA-D変換してFFT演算でスペクトルを求める方式がある。これは特に「FFTアナライザー」とも呼ばれ、音響・機械・制御などの分野で音響帯域以下のスペクトル分析に使われる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club