通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

プランク単位系

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:プランクたんいけい
外語:Planck units 英語
品詞:名詞
2012/01/23 作成
2012/02/20 更新

ドイツの物理学者マックス・プランクが提唱した単位系

国際単位系などは地球に住む人間の都合に合わせた単位系であり、地球人にしか通用しない。

対してプランク単位系は、自然界にある物理定数のみを用いて定義した単位系である。もし高度な知能を持った地球外知的生命体が存在すれば、同様の単位系を使っている可能性がある。

プランク単位系では、次の五つの基本的な物理定数を「1」として定義する。

  • c = 真空中の光速
  • G = 万有引力定数(重力定数)
  • ℏ = h/2π = ディラック定数 (h=プランク定数)
  • 1/4πε0 = クーロン定数
  • k = ボルツマン定数

5つの定数を1とすることで、次の5つの基本プランク単位が作られる。

逆に、これら5つの基本プランク単位から5つの基本定数を表現することも出来る。

またSIの組み立て単位と同様、これら基本プランク単位を組み合わせて、多くの派生プランク単位を定義することができる。

用語の所属
単位系
関連する用語
国際単位系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club