通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

プログレス

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:プログレス
外語:Прогрес ロシア語 , Progres 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

旧ソ連が開発した宇宙船の名。ソユーズが有人宇宙船であるのに対し、プログレスは無人補給船である。ソユーズを改良し、自動化した無人の貨物輸送船とした。

燃料や食料を積んだプログレス1号が打ち上げられ1978(昭和53)年1月22日サリュート6号にドッキング成功して以来、旧ソ連・ロシアの宇宙開発で宇宙と地球を往復するのに利用されてきた。

21世紀になり国際宇宙ステーション(ISS)開発が実現した時も、地球との物資運搬に活躍している。

現在使われているのは、プログレス補給船(1978〜1990(昭和53〜平成2)年まで42機打ち上げ)に太陽電池パドルなどを搭載する改良を行なったプログレスM(1989(平成元)年初飛行)と、ISSミッション用に改良されたプログレスM1(2000(平成12)年初飛行)の二種類が現在使われている。

従来のプログレスはサリュート6号・7号やミールに自動ドッキングし、物資の運搬や軌道変更などを行なった。現在のISSでも同様の役割をしている。

関連する用語
サリュート6号
ソユーズ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club