通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ベビーロケット

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:ベビーロケット
外語:baby rocket 英語
品詞:名詞
2003/05/15 作成
2007/10/22 更新

ペンシルロケットに続く日本の固体燃料ロケット。

目次

東京大学生産技術研究所で糸川英夫を中心に開発され、1955(昭和30)年に初めて発射された。

長さは約1mである。

失敗もあったが、最終的に36機を打ち上げ、到達高度は最高で6kmを記録した。

このロケットの後、日本は国際地球観測年(IGY)への参加が決まった。高度100kmから地球を観測するもので、これを実現させるべく、後継となるカッパロケットの開発が始まることとなる。

ベビーT型ロケット
ベビーT型ロケット

このロケットは、タイニー・ランス→ベビー・ランス→フライイング・ランスという名で開発される計画の二番目、ベビー・ランスに相当するものである。

関連する用語
ペンシルロケット
カッパロケット

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club