通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ポンド

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:ポンド
外語:lb: pound 英語
品詞:名詞,重さ助数詞
1999/02/09 作成
2008/03/09 更新

ヤードポンド法における重量の単位。省略形および単位は「lb」。

日本では宛字で「封度」または「听」と書く。「磅」という字もあるが、こちらは通貨のポンドに用いるとされている。

記号の「lb」とは、ラテン語でlibra(天秤)のことである。

古い単位のために時代や場所により色々あるが、現在の常用1ポンドは0.45359243kgである。そして、1ポンドは16オンスとされている。

定義

現在の常用1ポンドは、1584(天正12)年にエリザベス一世が「7000グレーンを1ポンド」と決めたことに由来する。

グレーン(grain)もまた重量の単位であるが、これは穀物・粒といった意味がある。

トロイポンド

常用ポンド以外に、5760グレーンを1ポンドとした「トロイポンド」があった。

これは宝石貴金属・薬などの計量に用いられていた。

なお、英国では1878(明治11)年に廃止されたが、米国ではまだ根強く使われている。

重量の単位

現在の国際標準である国際単位系ではkgを用いるが、これは重量ではなく質量の単位である。

しかし、ポンドについては「物の重さ」しか想定していないため、これは質量単位ではなく、重量単位であると言える。

用語の所属
ヤードポンド法
LB
LBS

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club