通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ヤード

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:ヤード
外語:yard 英語 , 大陸簡体 , 台灣正體
品詞:名詞,長さ助数詞
1997/08/06 作成
2012/04/22 更新

ヤードポンド法における長さの単位の一つ。

1/1,760マイルのことで、次の式が成り立つ。

1ヤード=3フィート=36インチ

古い単位であり、様々な尺が使われていたが、最後まで広く使われたのは、イギリス連邦のイギリスヤードとアメリカのアメリカヤードと呼ばれる二種類であった。

両国は1959(昭和34)年7月1日から統一され「国際ヤード」と呼ばれる新たな単位を作り導入した。この国際ヤードを導入する国においては、ヤードは、正確に91.44cm(0.9144m)として定義されることになる。

省略形は「yd」。日本では、漢字で「碼」(訓読み:やあど)と書く。

ゴルフ

ゴルフなどでは現在でも距離をヤードで表記している。

数字が大きい方がよく飛んだ気分になるからという説がある。200ヤードと180メートルでは、200の方が良さそうではある。

アメフト

アメフトことアメリカンフットボールでは、フィールドに5ヤードごとにラインが引かれている。

現在のルールでは、ヤードは国際ヤードを用いる。

これがメートルになったりすることは、当分あるいは永久に無さそうである。

用語の所属
ヤードポンド法
YD
関連する用語
フィート
インチ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club