通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ロシュ限界

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ロシュげんかい
外語:RL: Roche limit 英語
品詞:名詞
2003/07/02 作成
2008/01/17 更新

惑星衛星が存在できる限界の距離。

質量の大きい方を主星(密度ρ1、半径r1)、小さい方を伴星(密度ρ2)とする。

もし主星と伴星の距離が近づくと、主星の潮汐力によって伴星は引き裂かれ、破砕する。この限界の距離をロシュ限界という。

伴星の自己重力は距離の2乗に反比例するが、主星からの潮汐力は距離の3乗に反比例する。

ロシュ限界RLは、次の式で求まる。

RL=2.4554×r1×(ρ1/ρ2)1/3

つまり主星と伴星の密度が等しければ、その距離は主星の半径の約2.45倍ということになる。

それ以外の要素

主星と伴星は、恒星と惑星、惑星と衛星などの関係が該当する。

中には惑星のロシュ限界内であっても粉砕されない衛星があるが、上の式では凝集力に重力しか考慮していないので、それ以外の要素、例えば物体の構造強度を潮汐力が越えない限り、伴星は粉砕されないことになる。

用語の所属
RL
関連する用語
惑星
衛星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club