通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

一般用電気工作物

辞書:科学用語の基礎知識 電気工事編 (NPOWC)
読み:いっぱんようでんきこうさくぶつ
品詞:名詞
2021/02/11 作成

電気事業法において定められる電気工作物の分類であり、第二種電気工事士が扱える範囲内であるもの。

電気事業法の第三章 電気工作物、第一節 定義、第三十八条に定めがある。法律での記述は複雑だが、簡単には600V以下の電圧で受電している設備(電気工作物)であり、同一構内にある小出力発電設備(総出力50kW未満)を含む。

小出力発電設備には次のようなものがある。

  • 太陽電池発電設備: 50kW未満
  • 風力発電設備: 20kW未満
  • 水力発電設備(ダムを除く): 20kW未満
  • 内燃力発電設備: 10kW未満
  • 燃料電池発電設備: 10kW未満

個々の出力の制限に加えて、これらの設備の総出力(合計)が、同一構内で50kW未満の場合、一般用電気工作物の範囲となる。

用語の所属
電気工作物
関連する用語
第二種電気工事士

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club