通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

下剤

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:げざい
外語:laxative 英語 , laks/ig/il/o エスペラント
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

便通をよくするために飲む。便秘の際に用いる。

妊娠末期に強力な下剤は禁忌とされているので注意が必要である。

なお、俗に下剤でダイエット、などということがあるが、そのような用法は誤りであり、決して行なってはならない。下剤を使っても除去できるカロリーは10%少々と言われており効果は殆どないのに、脱水症状や腸の機能低下、潰瘍の発生などの重篤な副作用がある。

紀元前500年ごろのエジプトでは、食品が体内に滞留することで病気になる、と考えた。そのため、健康維持のため月に2〜3日は下剤や浣腸を用いていたと言われる。この健康法は18世紀イギリスあたりでも見られた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club