通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

不織布

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ふしょくふ
外語:nonwoven fabric 英語
品詞:商品名
2013/12/15 作成

繊維を、立体構造で重ね合わせたシート状のもの。

目次

同等の材料を用いて作られる布は、繊維を糸状にして織って作る。

不織布は、繊維を織らず、絡み合わせたり、加熱などで癒着させたりしてシート状に加工したものである。

古くは、動物の毛を用いたフェルトなどが作られ使われてきたが、現在はそれとは別に、合成繊維を用いたものが製造され使われている。

布のようなものだが、織っていないことから安価に量産できるという利点と、強度が劣るなどの弱点を持つ。

現在主流の合成繊維によるものは、布の代わりとして広く使われており、布のような用途以外では、CDなどを入れるための袋、紅茶のティーバッグ、あるいは使い捨ておむつ(いわゆる紙おむつ)などの素材として使われている。

関連する用語

合成紙

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club